DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
104-2. 自然環境教育センター紀要 >
第17号 (2016) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/10404

タイトル: 奈良市平城宮跡におけるツバメの集団ねぐら利用の季節変動
その他のタイトル: Seasonal changes of communal roost use of Barn swallows, Hirundo rustica, in Nara Palace Site of Nara City
著者: 岡口, 晃子
辻野, 亮
キーワード: 平城宮跡
市民薄明の限界時刻
集団ねぐら
ツバメ
ヨシ原
communal roost
Nara Palace Site
swallow
reed wetland
the limit time of civil twilight
発行日: 2016年3月20日
出版者: 奈良教育大学自然環境教育センター
収録雑誌名: 奈良教育大学自然環境教育センター紀要
巻: 17
開始ページ: 35
終了ページ: 48
ISSN: 21887187
収録種別: 紀要論文
抄録: 平城宮跡は、近畿地区のツバメの集団ねぐらの中でもツバメの飛来数が多い重要な塒とし て知られている。平城宮跡において、集団ねぐらが形成される時期や利用状況、ねぐらの面積、 ツバメの飛来数と奈良市の温度条件や天気との関係を4年間にわって継続的に調査した。その結 果ツバメによる集団ねぐら形成時期と解消時期の気温との関係を明らかにした。奈良市の平均気 温が6月中旬に約22℃を超えると集団ねぐらが急速に拡大し始め、8月中旬に最大個体数となり、 9月下旬に約21℃を下る頃に集団ねぐらは解消に向かう。また、朝の離塒(ねぐら立ち、または ねぐら発ちのこと) と夕方の就塒(ねぐら入りのこと) の時刻は、常に市民薄明の限界時刻とほ ぼ同じで、その日の天気による明るさでも若干変わり、明るさが重要であることが示唆された。 さらに、平城宮跡のツバメ集団ねぐらは、飛来個体総数が年々増加している。これは奈良県内で ツバメ集団ねぐらが形成されているヨシ原が近年減少していることに伴っていると考えられた。 平城宮跡のヨシ原を厳重に保護すると共に、奈良県下のヨシ原の再生を含む保全の重要性が増し ていると考えられる。
Nara Palace Site is known as one of the important population communal roost of barn swallows (Hirundo rustica) in the Kinki district, central Japan. Formation timing, usage, the area of the roost, number of swallows, temperature and weather had been continuously investigated in four years in Nara Palace Site. Roost formation and disappearance timing were suggested to be determined by the temperature. When the mean temperature in Nara District Weather Observatory was around 22°C in mid-June, the number of swallows was expanding rapidly, and it reached at maximum population size in mid-August. When the temperature fell to about 21°C in late September, the number of swallows started to decrease. In addition, the roost departure time in the morning and the arrival time in the evening were almost same as the time of civil twilight, and the departure/arrival time affected by weather of the day. These indicated that the brightness was important factor for roosting timing. Furthermore, the total number of the swallows that used the communal roost in Nara Palace Site has been increasing from 2009, as the reed (Phragmites australis) wetland in Nara district has been decreasing in recent years. Therefore, we concluded that the importance of conservation of the reed wetland in Nara Palace Site is increasing.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/10404
出現コレクション:第17号 (2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NEE17_35-48.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ