DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
101-3. 奈良教育大学紀要 (人文・社会科学, 自然科学) >
第35巻 第2号 自然科学 (1986) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/2076

タイトル: 5~6世紀の大阪陶邑産須恵器の分布(第3報)-小隈窯跡群(福岡県甘木市)周辺の古墳出土須恵器の産地推定-
その他のタイトル: Distribution of the Sue Wares Produced in the Osaka Suemura (Part3) Sourcing Sue Wares Excavated from Tomb Sites Around Oguma Kiln Site (Amaki City in Fukuoka Prefecture)
著者: 三辻, 利一
発行日: 1986年11月25日
出版者: 奈良教育大学
収録雑誌名: 奈良教育大学紀要. 自然科学
巻: 35
号: 2
開始ページ: 39
終了ページ: 51
ISSN: 05472407
収録種別: 紀要論文
抄録: Energy-dispersivee X-ray fluorescence spectrometry was made on 66 samples excavated from 14 tomb sites around Oguma kiln site in the northen part of Kyushu island. The indicators such as K, Ca, Fe and Rb were effective in discriminating the Oguma group from the Osaka Suemura group. By means of these four indicators, Mahalanobis' generalized distance (D1 from Osaka Suemura and D2 from Oguma) were calculated, and then D21-D22 maps were drawn. The source of each sample was determined by means of Hotteling's T2 test. Therefore, many pieces of Sue ware from Osaka Suemura kiln were detected in the tomb sites around Oguma kiln site. These data obtained will give a useful information for archaeologists.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/2076
出現コレクション:第35巻 第2号 自然科学 (1986)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NUE35_2_39-51.pdf370.62 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ