DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
104-1. 附属自然環境教育センター紀要 >
第1号 (1996) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/286

タイトル: 照葉樹林と落葉樹林におけるネズミ相およびアカネズミの繁殖活動と個体数の季節変動について
その他のタイトル: Fauna of Muridae and the seasonal changes in the number and reproductive status of Apodemus speciosus in the evergreen and deciduous broad-leaved forests.
著者: 前畠, 郁子
発行日: 1996年3月25日
出版者: 奈良教育大学教育学部附属自然環境教育センター
収録雑誌名: 奈良教育大学附属自然環境教育センター紀要
巻: 1
開始ページ: 21
終了ページ: 32
ISSN: 1347362X
収録種別: 紀要論文
抄録: Fauna of Muridae, reproduction and seasonal change in the numbers of Apodemus speciosus were studied by the method of mark and recapture in an evergreen broad-leaved forest, Mt. Kasuga and a deciduous broad-leaved forest, Mt. Takamado, Nara Prefecture, central Japan. 1. Apodemus spesiosus and A. argenteus were captured in the evergreen and deciduous broad-leaved forest. Apodemus speciosus accounted for 90 percent of all captures. There was no statistical defference between two study sites on the numbers of A. speciosus. 2. Breeding season of A. speciosus were observed twice a year, spring and autumn, 3. Number of captures on A. speciosus increased from winter to the next spring, and reduced from summer to autumn.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/286
出現コレクション:第1号 (1996)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004243464-2-2.pdf766.44 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ