DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
300. 学位論文 >
2010年度(平成22年度)修了 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/5854

タイトル: 脂肪酸組成の異なった高脂肪食摂取が骨格筋内の脂質代謝及び血中アディポサイトカインレベルに及ぼす影響 ―特に長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸の影響―
著者: 石澤, 里枝
キーワード: High fat diet
Medium chain fatty acid
FABP content
CS activity
Adipocytokine
発行日: 2011年3月25日
出版者: 奈良教育大学
収録種別: 学位論文
内容記述: 奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成23年3月25日
抄録: 【目的】長期の高脂肪食摂取により骨格筋の酸化系酵素活性やFABP含量が増大するということが報告されている。本研究では、長期にわたり長鎖脂肪酸トリアシルグリセロールか長鎖脂肪酸ジアシルグリセロールまたは中鎖脂肪酸トリアシルグリセロール高脂肪食を摂取したときの骨格筋内の酸化系酵素活性およびFABP含量および血中レプチンとアディポサイトカインレベルに及ぼす影響について明らかにすることを目的とした。【研究方法】被験動物にはWistar系雄性ラット(5週齢)を用い、これを標準食群(CONT群:n=6)、長鎖脂肪酸トリアシルグリセロール高脂肪食群(L-TAG群:n=6)、長鎖脂肪酸ジアシルグリセロール高脂肪食群(L-DAG群:n=6)、中鎖脂肪酸トリアシルグリセロール高脂肪食群(M-TAG群:n=7)に分け、5週間飼育した。普通食群の脂質カロリー比は約12%とし、高脂肪食群は約60%とした。5週間後、ヒラメ筋、腓腹筋および副睾丸脂肪を摘出し、分光学的手法によってCS活性と3-HAD活性を測定し、ELISA法によってH-FABP含量を測定した。腹部大動脈から採血し、血糖や遊離脂肪酸、総コレステロール、レプチンおよびアディポサイトカインを測定した。【結果および考察】体重はCONT群と比較してM-TAG群で有意に低値を示し、副睾丸脂肪重量はM-TAG群がL-TAG群およびL-DAG群よりも有意に低値を示した。血中レプチンレベルはCONT群と比較して、L-TAG群およびL-DAG群で約3倍の増加が見られ、M-TAG群では約2倍の増加を示した。ヒラメ筋のCS活性はCONT群と比較してL-TAG群およびM-TAG群が、FABP含量はCONT群と比較してL-TAG群とL-DAG群が有意な上昇を示した。以上の結果から、長鎖脂肪酸からなる高脂肪食摂取は、内臓脂肪量の増加およびアディポサイトカインの分泌に影響を与える一方で、骨格筋内の脂肪酸輸送能の上昇を引き起こすことが示唆され、対照的に中鎖脂肪酸からなる高脂肪食摂取では、内臓脂肪量の増加が抑制されるとともにミトコンドリア諸酵素活性の上昇を引き起こすことが示唆された。【今後の展望】今後の研究では、中鎖脂肪酸と運動トレーニングの併用効果の現象を検証しつつ、中鎖脂肪酸の摂取によって引き起こされる筋細胞内のミトコンドリア呼吸酵素の機能や脂肪酸輸送に関与する FAT/CD36及びFABPの機能の側面から、脂質代謝について統合的に検討したいと考えている。
Long-term feeding of high fat diet increases both oxidative enzyme activities in skeletal muscle and endurance capacity in rats, whereas it is well-known to cause obesity. [PURPOSE] The purpose of this study was to examine the effects of high fat diet containing long-chain diacylglycerol (L-DAG). medium-chain triacylglycerol (M-TAG) or long-chain triacylglycerol (L-TAG) on oxidative enzyme activities and fatty acid binding protein (FABP) contents in rat skeletal muscles. [METHODS] Male Wistar rats, 5 weeks old, were assigned to 4 groups; low fat diet (CONT; n=6.12% calories as fat), L-TAG high fat diet (n=6.60% calories as fat), L-DAG high fat diet (n=6.60% calories as fat) and M-TAG high fat diet (n=7.60% calories as fat) groups. Animals were fed their diets and water ad libitum for 5 weeks. CS activity and 3-HAD activity was measured by a spectrophotometric assay, and H-FABP content was measured with an ELISA kit. [RESULTS] Epididymal fat pad was much smaller in M-TAG group than in L-TAG and L-DAG groups (P<0.05). L-TAG and M-TAG groups had increased CS activity (L-TAG, 40.4±2.5 mol・min-1・g-1: M-TAG. 43.7±2.8 mol・min-1・g-1) in soleus muscle (Sol) compared with CONT group (34.5±4.1 mol・min-1・g-1: p<0.01). M-TAG groups had increased 3-HAD activity (lateral, 8.3±0.5 mol・min-1・g-1; deep, 31.3±1.8 mol・min-1・g-1) in deep and lateral gastrocnemius muscle compared with L-TAG group (lateral. 6.8±1.3 mol・min-1・g-1; deep, 25.7±3.4 mol・min-1・g-1; p< 0.01). H-FABP contents of Sol and deep gastrocnemius muscle (Gas) were significantly higher in L-TAG (Sol, 62.3 ±7.3; deep Gas, 59.7±21.8 ng/ml) and L-DAG groups (Sol. 58.4±9.1; deep Gas. 50.5±5.8 ng/ml) than in CONT (Sol. 24.0±5.1; deep Gas, 22.7±6.6 ng/ml) and M-TAG group(Sol, 28±2.8; deep Gas. 28±6.2 ng/ml; p< 0.05). On the other hand, H-FABP contents of lateral Gas were, albeit small, significantly higher in L-TAG (1.8±0.3 ng/ml). L-DAG (2.4±0.3 ng/ml) and M-TAG (1.5±0.2 ng/ml) groups than in CONT group (0.3±0.1 ng/ml; p<0.05). [CONCLUSION] Thus, the 5-week-feeding of L-TAG high fat diet increased H-FABP content in Sol and deep/ lateral Gas, and also the M-TAG high fat diet increased both HFABP content in lateral Gas and oxidative enzymes without fat accumulation, suggesting that M-TAG high fat diet may enhance fat metabolism and exercise performance without obesity.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/5854
出現コレクション:2010年度(平成22年度)修了

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
thesis2010ishizawa.pdf3.21 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ