DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-4. 教育実践総合センター研究紀要 >
第20号 (2011) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/5900

タイトル: 特別な配慮を必要とする幼児の教育的支援(その3) ―集団活動場面で自己調整的な行動の困難がめだつ幼児への支援―
その他のタイトル: Developing Special Needs Education in Kindergarten(3)
著者: 長谷川, かおり
丸尾, 晶子
木村, 公美
山本, 祐子
竹内, 範子
上野, 由利子
玉村, 公二彦
越野, 和之
岩坂, 英巳
宮崎, 瑠璃子
キーワード: 幼児期の特別支援教育
Special Needs Education in Early Childhood
自己調整
Self-regulation
集団活動
Group Activities
ケースカンファレンス
Case Conference
ETYP:教育関連論文
発行日: 2011年3月31日
出版者: 奈良教育大学教育学部附属教育実践総合センター
収録雑誌名: 教育実践総合センター研究紀要
巻: 20
開始ページ: 259
終了ページ: 266
ISSN: 13476971
収録種別: 紀要論文
抄録: 幼児教育の現場では、集団に適応しにくい幼児が増えてきており、それにともなって、教育現場での指導の難しさが問題となっている。本稿では、発達障害等の診断は受けていないものの、入園時より落ち着きのなさや集団的な活動に困難を指摘され、友だちとのトラブルが頻発したA児の事例について、年少から年長時の3年間にわたってその発達的変容を報告した。A児は、自由遊びでの友達関係や集団的な活動において仲間との関係でトラブルをおこしやすく、衝動的な対応が目立ち、他児への影響も大きかったが、幼稚園での集団的なカンファレンスに基づいて、それぞれの場面に即した指導方針を定め、A児の活動を認めつつ、A児自身の困難に焦点を当てた働きかけを行った結果、3年間の園生活で集団への参加が促され、他児との遊ぶ姿の中で自信が見られるなど、大きな発達的変容を見せた。本稿では、その経過を記すとともに、仲間の中で育ちあう場を保障するためには、どのような内容の集団づくりとそこでの支援が求められるのか、あるいはどのような保育の体制が必要かについて考察を加えた。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/5900
出現コレクション:第20号 (2011)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CERD2011-H12.pdf2.32 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ