DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-4. 教育実践総合センター研究紀要 >
第20号 (2011) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/5902

タイトル: 奈良県におけるLD通級指導教室の役割と指導の展開 ―A市におけるLD通級指導教室を事例として―
その他のタイトル: Resource Room for students with Learning Disabilities in Nara Prefecture:A case study
著者: 芳倉, 優富子
玉村, 公二彦
キーワード: 学習障害
Learning Disability
通級指導教室
Resource Room
特別支援教育
Special Support Education
ETYP:教育関連論文
発行日: 2011年3月31日
出版者: 奈良教育大学教育学部附属教育実践総合センター
収録雑誌名: 教育実践総合センター研究紀要
巻: 20
開始ページ: 273
終了ページ: 279
ISSN: 13476971
収録種別: 紀要論文
抄録: 通常学校における特別支援教育の推進にあたって重要な位置を占めるものが通級指導教室である。この通級指導教室は、1993年度より制度化されたものであるが、特別支援教育の本格実施に先立つ2006年度より、新たに学習障害者、注意欠陥多動性障害者をも通級指導の対象とすることなった。奈良県における学習障害(LD)等を対象とした通級指導教室での取り組みを示し、あわせてその通級指導教室の担当者による他校への訪問通級指導の事例を報告した。事例報告を通して、奈良県における通級指導教室の設置を中心とする学習障害(LD)等の指導体制の充実のための課題を提示した。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/5902
出現コレクション:第20号 (2011)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CERD2011-H14.pdf795.69 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ