DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
102-2. 奈良教育大学教育研究所紀要 >
第29号 (1993) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/6803

タイトル: マッカーシー知能発達検査における言語尺度と知覚―遂行尺度の分析
その他のタイトル: Analyses of verbal and perceptual-performance scores of McCarthy's scales
著者: 清水, 益治
渡邉, 巌
豊田, 弘司
キーワード: マッカーシー知能発達検査
言語尺度
知覚―遂行尺度
発行日: 1993年3月1日
出版者: 奈良教育大学教育研究所
収録雑誌名: 奈良教育大学教育研究所紀要
巻: 29
開始ページ: 173
終了ページ: 180
ISSN: 13404415
収録種別: 紀要論文
抄録: マッカーシー知能発達検査を幼稚園児400名に実施した。研究1では言語尺度に含まれる6つの下位検査について因子分析を行った。仮定された因子は抽出されず、1因子構造であった。研究2では知覚―遂行尺度に含まれる7つの下位検査について因子分析を行った。4歳児の第1因子は積木を除くすべての下位検査で因子負荷量が高く、知覚―遂行主因子と命名された。第2因子は積木と子ども画、概念のグルーピングで因子負荷量が高く、形因子と命名された。6歳児の第1因子はパズル解き、図形の模写、子ども画、概念のグルーピングで因子負荷量が高く、組み合わせ因子と命名された。第2因子は連続タッピングと左右の方向で因子負荷量が高く、位置着目因子と命名された。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/6803
出現コレクション:第29号 (1993)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
ier29_173-180.pdf358.3 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ