DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-5. 教育実践開発研究センター研究紀要 >
第21号 (2012) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/8440

タイトル: 「21世紀型スキル」を意図したロボット教育の推進 -SCoPEにおけるロボット教育を取り入れた情報ワークショップの実践-
その他のタイトル: Promotion of Robotics for Acquisition of the 21st Century Skills through the ICT workshop in SCoPE focused on robot skill building and dynamic interaction
著者: 福田, 哲也
葉山, 泰三
田中, 友佳子
平田, 建治
谷口, 義昭
片岡, 佐知子
キーワード: ロボット教育
robotics
21世紀型スキル
the 21st century skills
火星探査機
Mars Rover
SCoPE
Science Communication Program for Every Student
ETYP:教育関連論文
発行日: 2012年3月31日
出版者: 奈良教育大学教育実践開発研究センター
収録雑誌名: 教育実践開発研究センター研究紀要
巻: 21
開始ページ: 171
終了ページ: 177
ISSN: 21865841
収録種別: 紀要論文
抄録: 21世紀の国際社会で必要な能力について、様々な教育機関が提言しており、とくに教育現場において批判的思考力、問題解決能力、コミュニケーション力、コラボレーション力、創造力等などの育成が叫ばれている。また、それらを育成する基礎となる情報リテラシースキルやICT活用スキルも求められており、教育におけるICT活用の重要性は世界でも共通認識となってきている。今回、奈良女子大学附属中等教育学校のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の取り組みとして行ったSCoPE(Science Communication Program for Every student)において、「21世紀型スキル」といわれる能力の育成を意識したワークショップを奈良教育大附属中学校と奈良女子大附属中等学校の教員が協働で開催した。火星探査をテーマにして、ハンズオンからはじまり、火星探査機の制御に至るまで、さまざまな能力の育成を意図した取り組みとした。本ワークショップを通して、参加した外国及び日本の生徒たちがロボット製作や制御の活動に積極的に取り組んだ結果、彼らの科学技術の認識、問題解決能力等のスキルアップに繋がった。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/8440
出現コレクション:第21号 (2012)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CERD2012-H05.pdf939.09 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ