DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
101-3. 奈良教育大学紀要 (人文・社会科学, 自然科学) >
第61巻 第2号 自然科学 (2012) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/9018

タイトル: 2重ポテンシャル障壁による量子トンネル効果の研究
その他のタイトル: Quantum Tunneling Effect through Double Potential Barriers
著者: 松山, 豊樹
大久保, 和則
キーワード: 2重障壁
量子デバイス
量子トンネル効果
Double Barriers
Quantum Device
Quantum Tunneling Effect
発行日: 2012年11月30日
出版者: 奈良教育大学
収録雑誌名: 奈良教育大学紀要. 自然科学
巻: 61
号: 2
開始ページ: 41
終了ページ: 60
ISSN: 05472407
収録種別: 紀要論文
抄録: As a basic theoretical study of a quantum device, we have studied the quantum tunneling effect in the double square-wall potential system which is one of the plausible candidates. In starting from a quantum-mechanical first principle, we have derived transmission rate of electrons through the potential analytically. We have found a peak of the complete transmission by the resonant quantum tunneling effect by a numerical simulation which has never appeared in the case of the single square-wall potential system. In addition, we have discovered that a higher structure comprised of the local minimum of the transmission coefficient appears when we increase the interval between the double wells, the thickness of well, and the size of the system in fixing those ratios. Furthermore, we have clarified that the higher structure has a recursive correlation with the energy-dependence of the transmission rate for the finite square-well potential.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/9018
出現コレクション:第61巻 第2号 自然科学 (2012)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NUE61_2_41-60.pdf9.92 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ