DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-5. 教育実践開発研究センター研究紀要 >
第23号 (2014) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/9855

タイトル: 人権を基礎におくシティズンシップ教育カリキュラム -欧州評議会の小・中・高段階の教師用指導書の連続性に着目して-
その他のタイトル: A Study of Citizenship Education Curriculum grounded in Human Rights Principles Analysis of Teacher’s Manuals for Primary and Secondary Level developed by Council of Europe
著者: 橋崎, 頼子
キーワード: 人権
Human Rights
シティズンシップ教育
Citizenship Education
カリキュラム
Curriculum
ETYP:教育関連論文
発行日: 2014年3月31日
出版者: 奈良教育大学教育実践開発研究センター
収録雑誌名: 教育実践開発研究センター研究紀要
巻: 23
開始ページ: 111
終了ページ: 119
ISSN: 21865841
収録種別: 紀要論文
抄録: 本研究の目的は、欧州評議会で開発された小・中・高段階の教師用指導書の連続性の分析を通して、人権を基礎におくシティズンシップ教育カリキュラムの内実を明らかにすることである。分析の結果、人権条約から導かれた同一概念を繰り返し学ばせる構成であることが分かった。また、小・中・高段階の特徴として次のことが明らかになった。小学校段階では共同体において自己を肯定的に位置づけ、成員としての自覚を高める学習が、中学校段階では主張の対立を人権の観点から分析し、合意形成のための手続きを探究させる学習が、高等学校段階では自己の意思決定と他者との交渉を通した社会参加の学習が重視されていた。以上の順序での学習は、自己と他者を人間性という共通基盤の上に位置付け、対等な関係に立ったうえでの社会参加を可能にしていた。また、そこで繰り返し学ばれる概念は、必要に応じで修正可能な柔軟な思考の道具としてとして学習されていた。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/9855
出現コレクション:第23号 (2014)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CERD2014-R23.pdf470.16 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ