DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-5. 教育実践開発研究センター研究紀要 >
第23号 (2014) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/9857

タイトル: オーストラリアにおける障害者権利条約批准と特別教育の方向
その他のタイトル: Reforming the Special Needs Education in Australia based on the Ratification of UN Convention on the Rights of Persons with Disabilities
著者: 玉村, 公二彦
片岡, 美華
キーワード: 障害者権利条約第24条
UN Convention on the Rights of Persons with Disabilities, article 24 education
インクルーシブ教育
inclusive education
合理的配慮
reasonable accommodation
合理的調整
reasonable adjustment
オーストラリア
Australia
ETYP:教育関連論文
発行日: 2014年3月31日
出版者: 奈良教育大学教育実践開発研究センター
収録雑誌名: 教育実践開発研究センター研究紀要
巻: 23
開始ページ: 131
終了ページ: 137
ISSN: 21865841
収録種別: 紀要論文
抄録: オーストラリアは、2008年、国連の「障害のある人の権利に関する条約」に批准をした。すでに、1992年には、「障害者差別禁止法(Disability Discrimination Act: DDA)」を制定しており、障害に基づく差別を禁止し、社会参加を促進する方向がとられてきた。このDDAは、2009年に修正され、障害に関して「国際生活機能分類(International Classification of Functioning, Disability and Health:ICF)」に基づく柔軟かつ広義のとらえ方を採用した。教育施策においては、2005年に制定された「教育における障害基準(Disability Standards for Education 2005)」が、各州の教育に関する法令や教育プログラムに影響力をもち、また、教育上の「合理的調整(reasonable adjustment)」についても述べている。こうした連邦の動きと呼応し、各州においても教育施策の見直しが行われた。とりわけクィーンズランド州では、1990年代後半から2000年代初頭にかけて整備してきた特別なニーズのある児童生徒への支援施策についての見直しを行い、2004年には、インクルーシブ教育改革への提言を行った。本稿では、オーストラリアにおける、インクルーシブ教育の現状と合理的配慮の考え方について、主にクィーンズランド州の教育施策の変革を中心にとりあげ、検討を行った。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/9857
出現コレクション:第23号 (2014)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CERD2014-R26.pdf387.02 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ